葬儀までの流れってどうゆうものなの? | 札幌厚別区・西野・山の手・江別の葬儀・家族葬ならメモリアホール厚別

ブログ

葬儀までの流れってどうゆうものなの?

お葬式には参列された経験のある方は、多くいらっしゃると思いますが、いったいどのような流れで行われていくのか、ご存じではない方が多いと思います。簡単ではありますが、御葬儀までの流れをご説明したいと思います。
1、危篤(家族や近親者に連絡)
2、臨終
3、搬送(病院等から自宅や葬儀社の霊安室へご遺体を搬送します。この際、
葬儀社に依頼されることが多いです。)
4、御安置(御安置先でお参りできる準備をします)
5、お寺や、各宗教団体へ葬儀依頼の連絡
6、葬儀社と打ち合わせ(葬儀の規模や日時などを決めます)
7、連絡(親族、友人、知人や会社などに連絡します)
8、手続き(役所に死亡届を提出します)
9、納棺(納棺に併せて湯灌を行ったりもします)
10、お通夜
11、告別式(葬儀)
12、出棺
13、火葬(火葬後に仏式では、環骨法要等が行われる事があります)
必ずではありませんが、北海道ではこのような流れが一般的です。
お亡くなりになってから、搬送までに葬儀社を決めなければいけない事になります。
搬送後は、ご遺族の皆様は葬儀の準備等の対応がございますので、出来れば事前に遺族様方で行う事や葬儀社等、調べておくことが大事です。

ブログ一覧へ >

PAGE TOP